故人を想うなら電報を書いておこう『気持ちを伝える』

開始する前に

電報は葬式の最中に読み上げられることもありますし、親族の全員で読むことも考えられます。ですので、一語一句丁寧に書かなければ恥をかいてしまうので、正しい書き方をマスターしておくと良いでしょう。

声を届ける電報の利用方法~専門業者に依頼しよう~

線香

お詫びの印

横浜や東大阪市、大東市などで葬儀があった時に、電報(弔電)を差し出したいと思っているのなら、正しい書き方を知っておくと良いでしょう。例えば、葬儀に参列できない詫びと思い出話、親族への励ましの言葉などをかけてあげるのがベストです。そして、弔電は通夜や告別式が執り行われるところに届けておくのが一般的なので、開始日や時間などを聞いておくと良いでしょう。また、正しい文面の書き方や注文の仕方を知っておくといざという時に役立ちます。反対に、使ってはいけない言葉として「重ね重ね」や「またまた」などは控えるようにするのがマナーとなっています。理由は同じですが、死や不幸な出来事が再び訪れないように、再三や続いてなどもタブーとされているので、電報を書く時には注意が必要です。しかし、日本語に自信がない場合などは専門業者に依頼して作製してもらうのが無難となっているので、ウェブサイトから探してみると良いでしょう。

お礼を贈る

葬儀は、亡くなった方の親族も葬儀に参列する側もやるべきことがあるものです。特に親族は、葬儀社に葬儀の依頼をしたり、故人との関係があった方へお知らせをしたりします。また、葬儀が終わっても四十九日などもあり、しばらくは忙しい日が続くかもしれません。しかし、故人のために大切なことなので、しっかりやっておきましょう。葬儀には、大東市などに住む親せきや知人に葬儀に来てくれるので、お礼として渡す香典返しをすることも忘れてはいけませんよ。そして、香典返しを送る時期といえば忌明けから一カ月以上が経過してしまう前に贈るのが礼儀作法と言えるでしょう。また、日本には仏教が断トツで多いので、その場合は志という言葉を添えた後、結び切りの水引をかけるのが常識です。反対に、相手がキリスト教会であれば、水引をすると侮辱してしまう可能性があるので、しないように心がけましょう。

当て名をどうする?

自分で書く

文字に自信があるのであれば、自分で書いてみてもいいかもしれません。その方が温かみを感じることができますし、気持ちを伝えやすくなります。そして、費用をかけなくていいので一石二鳥と言えるでしょう。

業者に任せる

字が汚いと指摘されたことがあるのなら、思いきって専門業者に任せてみるのも一つの手です。プロが書くので、誰が見ても分かりやすくなり、きちんとその場に居合わせた方に思いを伝えることができるでしょう。

選ぶポイント

暗めな色をチョイス

葬儀に出すものですので、赤や白、ピンクなどのおめでたい色を表すものは避けた方が良いでしょう。反対に、黒や紺色、暗めの紫などであれば弔電として送ってもいいかもしれません。

出席したことがない方は分からないかと思いますが、葬式では棺の中に菊を入れることがあります。ですので、菊、蓮、水芭蕉などが描かれているものなら、遺族に渡しても問題はありません。

値段

一口に電報といっても料金はさまざまとなっているので、間柄を重視して選ぶと良いでしょう。例えば、生前お世話になった方なら3950円のカード、あまり接点がない場合は1000円から2570円のお手頃なカードが賢明です。

お線香を添える

大切な方を亡くしたのにも関わらず、都合が合わずに出席できないという悔しい思いを知ってほしいなら、お線香と一緒に電報を送ると良いでしょう。他には、お菓子などのアイテムもあるので、探してみるべきです。

[PR]横浜市で人気の葬儀社を紹介
葬式の相談をしてみよう

[PR]東大阪市で好評な葬儀会社
故人との別れをプロが手助け!

[PR]葬儀は横浜の業者に頼もう
故人への想いを尊重してくれる

[PR]世田谷区で葬儀業者
故人とのお別れを行なう

[PR]横浜で葬祭の申し込み
初めての人でも安心

広告募集中